日々のことをあれこれと・・・

ELメーターパネルの貼り付け

2015.10.05 (Mon)
DSCN1431.jpg

以前乗っていたNAのバモスはメーターパネルの表示は白だったのですが
今度のターボはオレンジ色。
いかにも“軽自動車”というちょっとチープな雰囲気。
オークションでELメーターパネルを見つけたので
購入・施工してみました。

DSCN1448.jpg 

メーターはネジ三本。コネクター二つで繋がれているだけなので
外して知恵の輪のようにクネクネさせながら車両から取り外します。

DSCN1453.jpg DSCN1452.jpg

クリアカバーと黒いカバーをロックを外して取り外し、ネジ止めされている裏側の
白いメーターカバーをとって、ロックを外すとメーターアッシーが外れます。

ペーターパネルの黒いネジ2本を外して針を引き抜くとパネルが外れます。

DSCN1451.jpg

画像が少し前後しますが、青いリングの入ったELメーターパネルを今回は取り付けます。
裏側から電球で照らす透過照明ではなく、画像に映っているように
直接ケーブルが取り付けられていて、パネル自体が光ります。

取り付けは両面テープを使用して、純正のパネルの上に貼り付けます。

DSCN1459.jpg

配線を逃がすためにケースの一部をカッターでカットします。

DSCN1456.jpg

二か所カットして配線を通して組み上げます。

DSCN1461.jpg

出来上がり!
意外と簡単にできました。
回転数はターボ車は7000回転からがレッドゾーンなのですが、
これはNA仕様のためか、7300回転からがレッドゾーン。
マニュアルではないので気にしません。

DSCN1467.jpg

車両に取り付けるとこんな感じ。


DSCN1445.jpg DSCN1463.jpg

メーターに合わせてエアコンパネルも貼り付けます。
外気導入の選択部分の絵がちゃんとバモスになっているのがかわいいです。

DSCN1470.jpg DSCN1474.jpg

ちょっとぶれちゃってますが、電気をつけるとこんな感じ。
色は薄緑と白を手元で切り替えることが出来ます。
また、照度調整も可能。

正直、デザイン的にはもうちょっと…というのがありますが、
純正のオレンジと比べるととっても良いです。
ちょっとクールな雰囲気になりました。


ただ、メーターの針を抜いたので、試走をするとすべてが狂っていました。
メーターを車両に取り付けた状態で、クリアカバーを外して、調整。
ガソリンは満タンだったので電源を入れた状態で刺しなおして完了。
回転数はアイドリング状態で既定の850rpmに揃えました。
速度はOBDⅡのデータを見ながら30~40キロの速度一定で
走行。走行中に針を調整して合わせました。
正直もうメーターの針は抜きたくないな・・・と思いました。




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« 黄ばみ漂白(PCパーツ編)  | HOME |  カバーの取り替え »