日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄ばみ漂白(PCパーツ編)

2015.10.18 (Sun)
DSCN1524.jpg

お客さんに中古のパソコンを頼まれて、ディスプレイ一体型を購入。
届いたのを開けてみると白い本体パーツが黄ばんでいて
スペック的に問題なくてもやはり見た目がいまいち。

中古なのでしょうがないです・・・・とは言いたくないので
調べてみると、ABS樹脂の黄ばみは漂白できるという情報が!!

さっそく試してみました。

DSCN1526.jpg DSCN1527.jpg

DSCN1525.jpg

蛍光灯や日光などの光(紫外線)が原因なのでしょうか、上部を中心に黄ばみが激しくなっています。
管理番号か何かのシールが貼られていたのでしょうか、黄ばんでいない部分との差がはっきりわかります。

黄ばんでいるだけでどことなく古さを感じてしまいます。

DSCN1528.jpg

調べてみると、酸素系漂白剤(過酸化水素水)に浸けて、紫外線をあてると白くなるとの事。
手間なしブライトを数パック購入し、クリアケースに入れパーツを浸します。
紫外線は、太陽光を使います。

ディスプレイ枠の部分(一番大きなパーツ)は、衣装ケースを使いました。
手間なしブライトは水で薄めても効果に影響がないとのことで少しだけ水をいれました。

日中直射日光が当たる場所に丸二日放置。


その結果


DSCN1547.jpg DSCN1545.jpg

DSCN1548.jpg

充分白くなりました。
シール後は若干残っていますが、この程度だと許せる範囲です。

実際組み付けた画像は撮っていませんが、新品同様とまではいきませんが
並みレベルの外観の中古PCが、美品のレベルの中古PCになりました。


ABS樹脂はいろいろなところに使われていて、黄ばんでいる物も多いので
いろいろと応用できそうです。

ミキサーのフェーダつまみも黄ばみが起こるので、今度漂白してみようと思います。




やってみました!こちらからどうぞ。
黄ばみ漂白(フェーダーつまみ編)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。