日々のことをあれこれと・・・

機材ケースの作成 (蓋編)

2015.12.18 (Fri)
DSCN1692.jpg

先日作成したサブウーハー用ケース。
蓋の形状・取り付けにアイディアが浮かんだのでさっそく作ってみました。

DSCN1666.jpg

まずは前回同様に、アルミ複合板からサイズを測ってカッターで切り出します。
出来栄えにも影響するのでミリ単位で丁寧に作業します。

DSCN1667.jpg DSCN1668.jpg 

見切縁で回りを囲むのでこちらも前回同様コーナー部分を45度にカットしていきます。
前回は見切縁の厚み1mmを計算できていなかったので変な隙間があいてしまいましたが
今回はそのあたりも計算し、金鋸でカット。細かい部分はやすりで削りながら微調整しました。

DSCN1669.jpg DSCN1680.jpg

この作業が一番神経を使いました。

DSCN1683.jpg DSCN1685.jpg

本体側には上下にL型アングルを取り付けます。

蓋をどのように固定するか・・・
これが一番の課題でした。
キャッチロックやパッチン錠を使ったものが主流ですが
そこまで頑丈でなくても大丈夫であることと、コストの事から
いろいろ考えて、強力磁石を使用することにしました。

DSCN1686.jpg

ということで、100円ショップで売られている強力磁石をL型アングルに接する部分に取り付けます。
薄くて小さくて強力。
4隅に取り付けましたが、不用意に外れることはなさそうです。
取り付けはエポキシ系の接着剤で行いました。

DSCN1690.jpg

そして取っ手をつけて完成。

DSCN1693.jpg

全く同じ状態で前後の2枚です。

DSCN1692.jpg DSCN1691.jpg

完成!!
これで搬送時スピーカー面が保護できます。

本体部分は以下からどうぞ。
機材ケースの作成


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« FIFEBOOK NH77/CD ハードディスク交換  | HOME |  CDラジカセの分解整備 »