日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオバトの保護②

2016.02.13 (Sat)
KIMG0627.jpg

月曜日に保護をして5日が経ちました。
取扱いに慣れてきたので記録してみたいと思います。


まず、やはり野生動物。
普通の鳩とは違い警戒心がとても強いです。
なので、普段はできるだけ人の気配のしない場所に箱を置いています。

保護用の箱について段ボールや鳥かごなど試してみたのですが、
鳥かごの場合、周りが見えすぎて落ち着かない様子。
かつ、円筒状の鳥かごでは少し狭かったようで飛ぼうとすると
返って怪我をする恐れがあるため断念。
段ボール箱に明り取りの窓を開けましたが、ここに足を引っ掛けてよじ登ろうと
していたので、梱包用のクリアテープでメクラをしました。
箱の上部は金網で蓋をしてちゃんと明かりが入る状態にしています。
鳥かごに入れていた止まり木を箱に取り付けると、そこがちゃんと
定位置となりちゃんと掴まってくれています。

日中は日向ぼっこをさせようと、外に出してみました。
水を飲むなどリラックスした雰囲気だったのですが、狭い箱の中で
飛ぼうとしてしまうので、明るすぎない室内においておくようにしました。

餌はみかんを小切りにしたのと、市販の鳩のエサをあげています。
みかんはお気に召したようで、完食してくれました。
鳥の糞というと、緑と白のイメージだったのですが、みかんをたくさん食べた後は
見事に黄色の糞をしていました。。

下に敷いている新聞紙の取り替え&水・餌の取り替えは
夜部屋が暗い状態で行っています。
一旦アオバトを柔らかい布を敷いた小さな箱の中に入れておいて
その間に保護している箱の掃除をします。
小さな箱の中は真っ暗なので、じっとして動きません。
両手でつかむと少し拒否反応はしますが、暴れるほどはないので
怪我の恐れもなくうまくいっています。

KIMG0623.jpg

保護した時に頭の後ろ部分(赤い丸の部分)に何か濃い緑色の種のようなものが付着していたので
気になったのですが、軽くひっかいても外れないので、自然と外れるまで様子を
見ていたのですが、今日箱の掃除をしているときにその物体を発見。

よく見ると・・・・・・


(心臓の弱い人は見ないでください・・・・)

   ↓










   ↓










   ↓










   ↓











DSCN1733.jpg DSCN1735.jpg

マダニでした。

血を吸って大きくなっている様子。
以前テレビで見たことがあったのですが、まさか手に取ってみるとは思っても
みませんでした。


どのタイミングで放すのかいろいろ考えてしまいます。
箱に入れておくのはかわいそうな気がしますが、
もし放してもちょっとしか飛べなければ、外敵に襲われる可能性が
高くなります。
それならばある程度飛べる状態を確認してから放してあげたい。
すこし広い部屋の中でどのくらい飛べるかを確かめることが
出来ればいいのですが、いろんなところに衝突して怪我をしてしまうと
それもまたよくない・・・。

とりあえずお腹の傷の具合がもう少しよくなってから
考えるとします。



















スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« またまた久々の現場  | HOME |  アオバトの保護① »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。