日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAMSON S.direct plus の改造

2016.03.13 (Sun)
P3103261.jpg

SAMSONのダイレクトBOX
ステレオ(2ch)仕様で使い勝手が良く、1台持っているのですが
丁度、中古で見かけたのでもう1台購入。
唯一不満があるとすればインジゲーターがない事。
ファンタムで電源供給をすると赤く点くのですが、
電池駆動の際は何も表示されず、スイッチがオンに
なっているのかオフになっているのか分かり難いんです。

手持ちの物はすでに改造済みなので、同じように
新規購入物も改造をしてみました。

因みに上の画像、左が今回の購入品。右は改造済みの
手持ちの物。

P3103263.jpg

スイッチ上部に青いLEDを取り付けています。
赤いLEDはファンタム供給時に点灯します。

P3103275.jpg

スイッチ部分のランド。
単純に電池からの電源供給をON/OFFしているだけなので
赤い丸の部分から+9Vを取ります。

P3103282.jpg

グランド接続できる部分に丁度一つ空きがあるので
そこに抵抗を入れてLEDを接続します。
抵抗は470Ω

P3103283.jpg P3103286.jpg


スイッチを入れるとこのように点灯します。


P3103290.jpg

ボディーが青いので青いLEDは似合います。

KIMG0655.jpg

ただ、明る過ぎました。
普通に点灯させるだけなら明るくてもいいのですが、
明るすぎると返って電池を消費してしまい役割としては本末転倒してしまいます。

因みに画像の下の物は以前改造したもので抵抗は8.2KΩ。

470Ωと8.2KΩ 20倍の数値差ですが、流れる電流は
1/20です。暗い方が電池は長持ちしますよね。

残念ながら8.2KΩ近辺の抵抗が手持ちでは
無くなってしまったので、今度改めて部品購入して変更します。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« 関数電卓の液晶修理  | HOME |  アオバトの保護③ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。