日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7 クリーンインストールのアップデート

2016.04.30 (Sat)
Windows7 のクリーンインストール後のアップデート
SP1へバージョンアップした後、通常は数時間のアップデート作業で
最新状態となるんですが、全く進行しない。

アップデートプログラムのダウンロード中にエラーが起こってそれが原因で
アップデートが進まない事が原因でした。
備忘録として残しておきます。

アップデートの確認中という表示が出て何時間経っても
一向にアップデートがインストールされません。

原因を調べると「8007000E」というプログラムのエラーだと出てきました。

ネットで調べてみると昨年の秋辺りからこのエラーが出始めているようで
一旦自動アップデートをOFFに設定してから、マイクロソフトのHPより
KB3138612 という更新プログラムをダウンロード・インストールすることで
アップデートの確認ができるようになりました。
もちろん、その後は自動アップデートをONにしておきます。

昨年10月ごろに一台PCをセットアップした時には問題なかったのですが
その後出始めているようです。
因みにその時は190個くらいのアップデートプログラムのインストールが
必要でしたが、4月には220個になっていました。

Windows7 のSP1 になってしまえば、Windows10へアップグレード可能になります。
山ほどあるWindows7 のアップデートプログラムをインストールしなくても
Windows10 にすることは可能なので、Windows10 にする場合は
SP1 にアップデートした後、いったん自動アップデートをOFFにして
マイクロソフトのHPからWindows10 を直接ダウンロードすれば
220個のアップデートをインストールするより早くWindows10 が使えるように
なります。




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« 冒険図鑑  | HOME |  本棚の作成 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。