日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木像のお手入れ

2016.06.03 (Fri)
KIMG0799.jpg

この6月で地元に帰ってきて10年が経ちます。
山形を離れるとき友人たちからの贈り物でいただいた
バリの木彫りの像。
そこそこの大きさがあり、つい見とれてしまう独特な雰囲気を持っています。
玄関に置いて10年。日焼けをし、表面が乾燥してきたのでお手入れをしてみました。
KIMG0800.jpg KIMG0801.jpg

トップ画像右側から光を受けているので、像の左半身が
日焼けをして色が薄くなってしまいました。
しかも、表面が乾燥して白っぽくなってしまいました。
もともと、塗装もされていない無垢の彫刻。
日に当たり乾燥が進んでしまったようです。
部分的に少しひび割れも確認できました。



KIMG0802.jpg

今回使ったのは、本棚を作った時に購入した蜜蝋クリーム
ちょっと多めに塗り込んでみました。

KIMG0804.jpg KIMG0803.jpg

左上腕の部分はもともとこの部分だけ木目の関係で色が違います。
蜜蝋クリームを塗り込むことで、全体的に色が濃くなり軽く艶が出て
左右の色の違いが目立たなくなりました。

KIMG0805.jpg

因みにこれは友人からもらったバリのお土産。小型です。
これも一緒にお手入れ。

KIMG0808.jpg

塗り込んだ後、20分ほど置いて吹き上げると説明書には書いてあるのですが
初めての使用で浸み込ませるためわざとふき取りは行いませんでした。

KIMG0799.jpg KIMG0809.jpg

左: before    右:after

画像の向きを失敗してしまいました。

蜜蝋クリームを塗り込むことで、表面の白っぽさが消えて、木目がはっきりを
出るようになりました。
今後はもう少し定期的にお手入れをしようと思います。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。