日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコン修理

2017.01.18 (Wed)
IMG_20170113_154254.jpg

前々から音が出ていた職場にある天井に取り付けられたエアコン。
ファンの回転に合わせて音がすることがあり、鳴っていてもそのうち止むので
無視して使っていたのですが、突然ゴーと常に轟音がするようになったので
早速チェックしてみました。

IMG_20170113_155753.jpg

取り外せる部分をどんどん外していくとモーターが出てきました。
ファンを手で回すと音がしていたので、モーターのベアリングだと判明。
分解清掃をしてなかったようで、埃まみれです。
熱交換ユニットも埃で目詰まりしています。
これでは効きが悪いはずです。

IMG_20170113_160624.jpg IMG_20170113_164619.jpg

モーターは4本のロングナットでしまっていただけで、簡単に開きました。
右の画像、下の裏ぶたの部分と上部にベアリングがあります。
裏ぶたに埋め込んであるベアリングは少しシャーと音がしていますが
取り外せないようなのでグリスアップで様子を見ます。
問題は上部のベアリング。
手で回すと抵抗があり、ガタガタとした動きです。

IMG_20170116_160435_1CS.jpg IMG_20170116_160850.jpg

プーラーを使ってベアリングを抜き取ります。
ベアリングはNTNの6202Zが使われていました。
ホームセンターで6202ZZを見つけたのでこれに交換します。
値段は500円ほど。

IMG_20170116_161000.jpg

プーラー出ないと抜き取れなかったベアリング。
そう簡単に入ってくれません。

プレスがあればいいのですが、そんなものは持ち合わせていません。
かといって直接ベアリングを叩くのは良くないので

IMG_20170116_161112.jpg IMG_20170116_161118.jpg

大きめのワッシャーを挟んで、エアコンドレン用の塩ビパイプをかぶせて上からハンマーで叩きます。
この作業がなかなか大変でした。

IMG_20170116_163335.jpg IMG_20170116_163344.jpg

何とかCリングの所まで押し込みました。

IMG_20170116_154316.jpg IMG_20170116_155723.jpg

配線関係もすべてばらして、高圧洗浄機を使って業者さんのように洗うと良いと思いますが
面倒くさかったので、そこまではせず、掃除機の先をブラシタイプのアダプターに取り換えて
ひたすら吸いまくりました。

かなりきれいになりました。

IMG_20170116_170535.jpg

取り外した部品もすべて綺麗にして、外したのと逆の手順で組み付け。

見事にゴーという音は消えました・・・・が、やはり回転に合わせてガタガタと多少音はします。
ファンの回転バランスが崩れているのか、モーター自体の問題なのか・・・。
どっちにしてもモーター交換は必要かもしれません。

熱交換ユニットは綺麗になって風量も増した感じです。
以前より効きは良くなるでしょう。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« ベリンガー EPA150 の修理と改良 ①  | HOME |  COMPAQ Presario CQ42 の分解清掃 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。