日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベリンガー EPA150 の修理と改良 ②

2017.02.22 (Wed)
IMG_20170201_221505.jpg

前回スピーカーユニットの交換とコネクターの追加を行ったEPA150
XLR端子のスピーカーケーブルが接続できるように本体に端子を追加します。
IMG_20170201_230938.jpg

穴をあける前の画像を撮り忘れたのですでに開けてある画像から・・・。

24mmのホールソーを使って開けたかったのですが、22mmのホールソーしかもっていなかったので
22mmで開けた後にヤスリで削って調整して取り付けました。

IMG_20170202_141033.jpg

75W程度の出力ですがそれなりに太めのケーブルで配線します。
作業した場所にスピーカーケーブルの端材が無かったので工具箱をあさって何とか探しました。

IMG_20170202_144711.jpg

テプラでステッカーを作って終了。
自然な感じで出来上がりました。

問題無いか十分にチェックを行い、現場に持って行ってみました。



IMG_20170217_174231.jpg IMG_20170217_174246.jpg

今回は機材の貸し出しだけで本番はお任せになってしまうので
簡単操作のこのパワードミキサーは丁度良かったです。
GEQやエフェクタも内蔵されています。

肝心の出音はというと、10㎝ウーハーという事もあり低音は期待できません。
2Wayなのでハイの出かたも気になっていたのですが、おとなしめ。
音のレンジは広くないのですがバランスは良いように思います。
ミキサー側で補正が効くので小さな会場での弾き語りにはもってこいです。
BOSEの101より出力的にも余裕があるので安心して使えます。

テストも含めてパワードミキサー内蔵のパワーアンプでしか行っていないので、
別のパワーアンプではどうなるのか・・・。今後テストの余地はありそうです。
低音が必要な時は小型のサブウーハーを組み合わせるとよさそうなので
そのあたりも含めてこのスピーカーの可能性を探ってみたいと思います。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。