日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロント パワーウィンドウの調整

2017.05.08 (Mon)
IMG_20170501_154925.jpg

今年に入って、助手席側の窓を動かすとガタン!ガタン!というすごい音がするようになり
スムーズに動かなくなっていたので、分解チェックしてみました。

IMG_20170501_1549251.jpg

ドアの内装を外し、整備書を頼りにドア内部にあるレギュレーターを取り出します。
赤い丸の部分にあるボルトを外していきます。

IMG_20170502_145350.jpg IMG_20170502_145400.jpg
IMG_20170502_145406.jpg IMG_20170502_145412.jpg

下の二つの画像はガラスとレギュレーターの接合部分。
サービスホールからナットが見える位置まで窓を下げておく必要があります。

ボルトをすべて外したら知恵の輪のようにくねくねさせながら取り出します。
勿論、モーターの配線も取り外しておきます。

IMG_20170501_163010.jpg

油切れを起こしているようで、モーターとレギュレーターのギアの部分、OILと書かれた穴からは
グリスなどは全く見えず、錆びたギアが見えています。

IMG_20170501_163034.jpg

よく見ると若干ギアの頭が欠けています。
音の原因はこれのようです。ウィンドウを上げるときに歯が飛んで音がしていたようです。

IMG_20170501_163052.jpg IMG_20170501_163117.jpg

30年以上前の車。新品部品は期待できません。あったとしてもかなり高額になっている可能性も
あります。中古でのスペアを持っていたのでこれを使います。
ギアの部分は山に傷もなく十分使える状態。
錆びている摺動部分は清掃しグリスアップしておきます。

インパクトドライバーを使ってレギュレータからモーターを慎重に外し
新たな部品に組み付け、ドアに戻します。

動かしてみると・・・・以前よりは多少動きは良いのですがまだ、ガン!と音がすることがあります。

ん??

ということで、再度ばらしてみることに・・・・。

IMG_20170502_150155.jpg

すると・・・。

先ほどは気付かなかったのですが、よく見ると・・・・

IMG_20170502_150224.jpg

モーター側のギアの中央に溝が・・・。
レギュレーターと当たる部分が削れて歯が無くなっています。

運転席側のモーターは新品で25000円ほど。
助手席側は・・・あるのかな??
あったとしてもこの程度の部品に25000円をかけるのももったいない・・・。

どうしたものか考えた結果、少し位置をずらすことで対処することにしました。

IMG_20170502_151537.jpg

ワッシャーを2枚挟んでギアの当たる部分をずらしてみました。

IMG_20170502_151618.jpg

三か所の固定位置すべてワッシャーを2枚挟みます。

IMG_20170501_1709241.jpg

挟みこむ前はのぞき穴からはモーター側のギアしか見えていなかったのが

IMG_20170502_151556.jpg

調整することでモーターの取り付け位置がオフセットされて、レギュレーター側のギアが
確認できるようになりました。

この後、ギア周りにグリスを注入し再度組みつけます。

IMG_20170501_154940.jpg

整備書を見ながら窓の閉まる位置を調整。
ハードトップはこれが面倒くさいんです。

調整後は、音がすることなくスムーズに動作するようになりました。
グリスも流入したし、これでしばらくは大丈夫でしょう。

もしかしたら、スペアパーツを使わなくても大丈夫だったかもしれません・・・。
外したパーツは予備として保存しておきます。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

 | HOME |  ASUS B121(EP121) のバッテリー交換 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。