FC2ブログ

日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロナ石油ファンヒーター FH-iX574BYの修理

2018.02.03 (Sat)
IMG_20180126_154827.jpg

教室で使っているコロナの石油ファンヒーター。2004年式なのでもう14年経ってしまっていますが、E4エラーが出始めたため分解清掃してみることにしました。

IMG_20180126_155353.jpg IMG_20180126_155837.jpg

IMG_20180126_160436.jpg IMG_20180126_160541.jpg

どんどんばらしてバーナー部分にたどり着きました。
炎検知器と点火プラグの先が白くなっているのが分かります。
大抵の場合E4エラーはこの部分を清掃すると直るとの事。

汚れが目立つのでバーナー部分も分解してみることにします。

IMG_20180126_160919.jpg

何かが固着していました。いったい何なのか・・・・この時点では判るはずもなく
とりあえずワイヤーブラシを使ってどんどんきれいにしました。

IMG_20180126_163426.jpg IMG_20180126_165510.jpg

点火プラグなどの先端部分もサンドペパーで磨いてばらした通りに組付けました。

元通りに組み上げてテスト・・・・したのですが、点火直後から強烈に臭うようになってしまいました。
鼻を突くようなツンとした臭い。強烈すぎてだんだん頭が痛くなります。

着火も問題なくエラーも起こらなかったのですが、臭いが強烈なので調べてみると
触媒が劣化していると臭い始めるとか・・・・。今回分解する前も多少臭いが気になっていたので
早速触媒を注文。

IMG_20180131_153443.jpg

左が古い触媒で右が新しい触媒。

IMG_20180131_153517.jpg IMG_20180131_153527.jpg

古い触媒は少し焦げていました。見た目にはわかりませんが少し引っ張ってみると
簡単に破れてしまうくらい劣化していました。

そして、再度組み上げてテスト・・・・が、しかし!臭いは収まらず・・・・。

ネットで調べてみると気化した灯油が燃焼口以外の所から漏れると、ツンとした臭いがするようになるとか・・・。
しかも、バーナー部分に入っていたアルミ箔のガスケットは新品に交換したほうが良いという記述を発見!!

触媒と一緒に注文しておくべきだった・・・と後悔しつつ、どうにか良いやり方は無いかと考えていると
思いつきました!車のマフラー用の液体ガスケット!!

IMG_20180201_230614.jpg

1000℃まで対応しています。早速購入してきて、3度目の開腹。

IMG_20180201_230406.jpg IMG_20180201_230432.jpg

3度目バラしているときに気付きました。最初バーナー内部にこびりついていたもの。
同様の液体ガスケットだと・・・。

きっと以前も何等かな事情で分解修理がされていたと考えられます。
それが劣化して漏れ始めてだんだん臭いはじめていたのだと。

今回それをキレイにしてしまったので余計に漏れて強い臭いがしていたんですね。
古いシール材をキレイに取り去って部品を合わせてみます。

IMG_20180201_230511.jpg IMG_20180201_230530.jpg

バーナーヘッドががたつきます。画像では判りにくいですが、左の手前側に少し隙間が空いてしまっています。
ヘッドの歪かと思い平らな机の上に置いてみても隙間は出来ず、歪みは無いようです。
気化管本体が歪んでいるようでした。これを新品に交換すればいいのですが、5千円ほど部品代がするので
液体ガスケットで様子を見ます。

今回使うホルツのファイアーガムは多少隙間があってもしっかり固まるので期待してみます。

IMG_20180201_231132.jpg IMG_20180201_231650.jpg

しっかり指で伸ばして必要な穴は塞がないように注意しながら塗りました。

IMG_20180201_231708.jpg

前回修理されてた状態ではシールが多めに塗られていましたが、今回ははみだしも
少なくきれいになりました。

この状態で8時間以上硬化を待って試験運転。

あのツンとした臭いもなく運転中は臭いはほとんどありません。
最弱で長時間テストしてもエラーも起こることなくいい感じ。。

どうしたものかいろいろ悩みましたが、無事に修理完了となりました。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

 | HOME |  BEHRINGER X AIR XR18 の導入 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。