日々のことをあれこれと・・・

グレナダ

2013.12.20 (Fri)
new_DSCN0493.jpg
今回は“グレナダ(GRENADA)"というお茶。
カリブ海の南に浮かぶ島国の名前が付けられたお茶。
「甘い果実の香りが南国リゾート気分
 グアバの甘く濃厚な香りの紅茶。
 トロピカルな風味は、アイスティーにもぴったりです。」
との事。

グレーバードティーです。

new_DSCN0496.jpg
開封すると、甘い香りが鼻に飛び込んできました。
紫や黄色の小さな花びらが入っているのがわかります。
説明が書かれている袋にリーフティーの写真が載っていたのですが、
リーフティーにはグアバの果実を乾燥させたものが
入っているようです。
ティーバッグ用は、ブレンドを変えてあるようでリーフティーとは
素材・風味が少し違うようです。

浸出時間は、2.5~3分

new_DSCN0498.jpg
前回の“ウェディング”よりも香りが強く、口に含むと香りが鼻に抜けるのが
良く判ります。
凄く甘い紅茶で、少しお砂糖を入れたのかと思ってしまうほどです。
甘みも強く、香りもしっかりとしているので、アイスティーに
向いているという事なんでしょうね。

部屋中に甘い香りが充満するくらい、香りが強いです。

フレーバードティーという事で、煎出回数は書かれていません。
つまり、1回ですね。

とはいっても自分用なので、2回目も試してみました。
浸出時間は3分ほど。(2煎目にしては少し長め)

甘み・香りはやはり1回目ほど強烈ではありませんが、
十分楽しめます。
色はやはり薄めになってしまいました。
ただ渋みが強くなることは無く、1回目に比べて
全体的に薄いというくらいで、普通に楽しめると思います。


ルピシアのホームページです。

 







 



 
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« 瓦の塗装(下塗り~)  | HOME |  打掛け鍵の修理 »