日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物置の補修①

2014.01.30 (Thu)
new_DSCN0563.jpg
両親が結婚後に祖父母の家に設置した物置。
40年近くが経ち屋根は錆びて穴が開き、もはや
物置としての役割を果たしていません。

錆びてところどころ穴が開いているとはいえ、
なかなか頑丈なつくり。
補修をして再生してみる事にしました。

new_DSCN0564.jpg
扉は上から釣っているタイプ。
下側はボロボロになっていますが、構造上救われています。

new_DSCN0565.jpg new_DSCN0569.jpg
屋根は錆びて雨水が入り放題。
雨漏りどころではありません。

new_DSCN0566.jpg new_DSCN0567.jpg
雨漏りがしている状態で長い間放置していたため、
物置の中に置かれていた木製の棚は腐って半分崩れていました。
棚板に穴が開くほど錆びるというのもなかなか・・・。
床板は一見錆びていますが、問題は無さそうです。

new_DSCN0570.jpg
床板をはぐってみるといろいろなものが置かれていました。
物置の周りにはいろいろなものが置かれていて、
これでは通気が悪くなり湿度が溜まって、腐食が増すのも納得です。

new_DSCN0572.jpg new_DSCN0574.jpg
打たれていたアンカーもご覧の通り。
2本打たれていましたが、一本は錆びて細くなっていました。

new_DSCN0577.jpg new_DSCN0578.jpg
外から背面をみるとこんな感じです。
雨どいも錆びて脱落しており、そのため背面はサビのしみが凄いです。
これが裏の道路から見えていて、みすぼらしい状態だったんですよね・・・。

次回から補修に入ります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« 物置の補修②  | HOME |  フェンスの設置③ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。