日々のことをあれこれと・・・

DIGNO T (302FC)へ機種交換

2014.10.12 (Sun)
PA122140.jpg



昨日、Y!mobile(旧 willcom)からDMが届き、触発されて機種交換をしてきました。
スマートフォンが欲しい!!って訳じゃなかったんですが、料金と機能・使い勝手を


考えたら、“今がその時期!”と判断。
機種代金無料という言葉にも多少踊らされてます(笑)

歴代の電話機を並べて記念撮影(一台だけ紛失してしまっています)。
一度はスマートフォンの走りであるアドエスを使ったんですが、
まだ当時は使い勝手が悪くて・・・。

昔はアンテナが延びていたんですよね。
液晶が白黒からカラーになり、着信音が単音から和音になり、
PメールからEメールになり。
ブラウザが内臓されたのもPHSが最初だったような記憶があります。

DDIポケットからwillcomになり、とうとうsoftbankに吸収されてY!mobileに・・・。

今回購入したのは京セラのDIGNO(302KC)というモデル。

いままで独自路線で進化していたガラケー(ガラパゴス携帯)
ハードとソフトが一体になっているので使い方もシンプル。
それ故に完成度が高かったように思います。

スマートフォンは、アプリへの依存が高く自由度が高いだけに
かえって、帯に短し襷に長し・・・な気がします。
ただ、メーカーが不親切なだけなのかもしれませんが・・・。

普通は販売店でやってくれそうなメールの設定と電話帳の移動は
窓口では何もやってくれず、一人でトライアンドエラーを繰り返し、
丸一日かかってしまいました。自分の記録のために残します。

まずはメール。
以前からの@pdx.ne.jpというのが残せたので、これはとても良かったのですが、
このアドレスを受け取れるのがハングアウトのみ。
凄く使い勝手が悪いのでいろいろ調べたら、“willcomメール”なるアプリが存在すると判明。

早速ダウンロードして使ってみると、以前と同じ感じで十分使えました。

ただ・・・・自宅でWiFiに接続しているとメールの送受信が出来ないんです。
そのためにわざわざ、4G/3G回線を使わざるを得ない。
たかが、メールの送受信。家に居るにもかかわらず制約のある回線を使わなければ
ならない!これは、不便!!

そこで、再度いろいろ調べると“softbankメール”だとWiFi環境下でも送受信ができるとの事。
早速探してダウンロードするも、これがなかなか一筋縄ではいかず、“MarketEnabler”という
アプリで本体の設定を“40050”という数値に変更してやっとインストール完了。
このとき、“willcomメール”をアンインストールしておかなければ、インストールできませんでした。

これで、WiFi環境下でも送受信ができるようになりました。

因みに、WiFiも4G/3G回線も両方OFFにするとどうなるか試してみると、新着の案内だけはちゃんと届きました。
ただ、それからメールをダウンロードするのにわざわざ回線に接続しなければならないんですね。

PHSの場合昔からメールで使うパケットは無料だったので、この辺がまだ慣れません。
それで携帯の場合、ショートメールが発達したんでしょうね。

続いて、電話帳。

LIBERIO(WX03K)という機種からの変更だったのですが、この電話機にはSDがありません。
通信手段は赤外線のみ。
赤外線で移動できれば簡単なんですが、残念ながらDIGNO(302KC)には赤外線がありません・・・。

そこで、データをいったん副回線で契約しているWX12Kに赤外線で移して、SDカードにバックアップ。
PCでファイルを見てみると、KBFという京セラ独自のファイル形式。
DIGNOも京セラ製なので、試しに直接SDから電話帳をインポートしようとすると、VCardファイルじゃないと
インポートできないというメッセージが・・・。

どうにかできないものかといろいろ調べていると、昔使ったことがある“H″問屋”という
DDIポケットが出していたツールを使えば、PCに電話帳データを移してCSVファイル(エクセル形式)で
エクスポートできると判明!

早速、H″問屋を探してダウンロード。
京セラからWX03K用のドライバーをダウンロードしてUSBでモデム接続。
ポートを自動設定で認識させて、電話帳の項目から受信・・・・が、うまく行かず・・・。
どうも、このときに電話機本体がキーロック状態だと反応しないようでした。
キーロックを解除した状態からだとちゃんと反応してくれて、データ移動完了。
CSVファイルでの保存に成功。

ここからアプリを使ってVCFに変換も出来るみたいですが、今回はgoogleのGmailでインポートしてみました。
Gmail画面上で、グループを作り直して、メールアドレスを整理して・・・。
この作業に4時間ほどかかってしまいました。
300件を超えていたデータも整理して200件ほどにダイエット。
PC上でGmailのアドレス帳を編集するとリアルタイムで、DIGNOの電話帳も変更されていきます。

Gmailが100%安全とは言い切れないので、データのバックアップは必要でしょうね。
ただ、これでやっと普通に使えるレベルになりました。

いやいやながかった・・・・。


【一週間ちょっと使っての感想】
・メールの送受信に関してはsoftbankメールで問題なく動いています。
・フリック入力がまだまだ苦手で時間がかかります。
・データの使用は、自宅・職場共にWiFi環境にあるのでほとんど4G/3G回線を
使うことはありません。
もともとメール使用量が少なく、出先でメールを受けることが購入以来あまりなかったので
なんとも言えませんが、たまたまショッピングセンターでメールが来たときは、softbankの
WiFiスポットとなっていた場所だったので、自動的に接続されて受信できました。
このあたりは、softbank万歳ってところでしょうか。
・スマホもセキュリティーが必要と聞いて、早速調べて使いやすそうな
無料アプリ“TrustGo”というのを入れました。
確か、マカフィーもプリインストールされていたのですが、有料なので削除しました。
・アプリはとりあえずいろいろ入っていますが、ほとんど使っていません。そのうち削除予定です。

・着信音を黒電話タイプにしていたのですが、音が小さいので結局電子音に変更しました。
・アラーム音は、目覚ましに使えそうなものが無く、他のアプリから探さなければならなそうです。
・着信音量のステップアップが無いので、音を大きくしていると鳴り始めにびっくりします。
・電池のもちは良好。

今簡単に思い浮かぶのはこんな所でしょうか。
暇なときは常にスマホの画面と睨めっこ・・・というような使い方をしていないので
そういう使い方の人から見た評価だと思っていただければと思います。

メールの設定などに関して、検索サイトから飛んできた方が最近多いようです。
経験者としてもしかすると何かしらアドバイスできることがあるかもしれません。
コメントをいただければお返しします。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« HP DC7800US  | HOME |  さくらんぼ? »