日々のことをあれこれと・・・

PCの修理(lenovo G580)

2015.02.02 (Mon)
DSCN1011.jpg

ひょんなことから、「PCの修理できますか?」と聞かれ、
「まあ、見てみないと判らないけど・・・」と答えたら、
「じゃあ、持ってきます!」という事で、運び込まれた
lenovoのG580
本体内部からカラカラと音がします。
ということで、まずは分解します。
マザーボードに付いているCMOSメモリ用のバックアップ電池が
ホルダーごと外れていました。

DSCN1012.jpg 
プラス側とマイナス側の二ヶ所で半田付けされているのですが、
片側は、半田不良による剥がれ、もう片方は基盤のパターンごと剥がれていました。

DSCN1018.jpg DSCN1019.jpg
赤っぽく見えるのは基盤のパターン。
これがマイナス側だったら、適度にグランドに落とせば良いだけなのですが、
よりによってプラス側。
はがれたパターンを良く見ると、小さく左側に伸びているのがわかります。
行き先は恐らく左側のチップ。
小さすぎて、回線を追っていくのも大変です。
取り敢えず、マイナス側を半田付けして、電池ホルダーを固定。
プラス側は左側のチップの上部に、適当な配線から抜き取った銅線を使って
配線しました。

この状態で、電源を入れると、カタカタと今度はハードディスクから音がして
読み込みが進みません。

取り敢えず、HDDを外してBIOS画面を立ち上げてみます。→OK
バッテリーを外して、日付が記憶されるかチェック。→OK

マザーボードは大丈夫になったようです。

次に、HDDを手持ちのものに交換して、Win7をインストールしてみます。
Win7のディスクを入れてDISKからBOOTさせてみますが、コネクションエラーと
なってしまいます。

配線でつなぎ忘れがあったかな・・・と思いながら、再度本体をチェックするも
問題無さそう。

USB接続でドライブを接続してBOOT。するとちゃんとインストール画面が
出てきてくれました。

DSCN1020.jpg DSCN1022.jpg
どうやら、本体のDVDドライブがNGのようでした。
試しに、手持ちのDVDドライブと差し替えると問題なく読み出す事ができ、
外したDVDドライブを別のPCに接続してチェックしても、やはりNGでした。

DSCN1026.jpg
ドライバー関係はメーカーのHPにてダウンロード可能なようで、
リカバリーディスクが無くても、復活可能である事が確認できました。

本体の強度が弱いようで、持ち方によっては少しねじれます。
今回の故障を見ると、ディスプレイの割れは無く、大きな傷も無いので
落とした訳では無さそうです。
バームレストあたりに強い力(基盤が曲がるくらい)を加えてしまったとかが
原因なんでしょうか・・・。

マザーボードの修理は出来たので、後はHDD交換とDVDドライブの交換
そして、OSが必要である事を告げて、修理するかしないか選択してもらうとします。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« CPUファンの交換(FMV NF/G70)  | HOME |  久々のオペレート »