日々のことをあれこれと・・・

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP 6550b Core i7 モデルの騒音対策

2015.04.22 (Wed)
P4132695.jpg

最近HPの6550bばかり分解・再設定・リメイクをしていますが
このノートPCは、CPUがセレロンから、Core i3・i5・i7とバリエーションが多彩で
パーツ流用がしやすいんです。
で、今回は、Core i7搭載モデルのお話。


P4132696.jpg

いままで数台の6550bを見てきたのですが、Core i7以外のモデルは
CPU内蔵のグラフィックを使っているので、基本的に同じマザーボードを
使用しています。(生産時期によって多少リビジョンの違いあり)
しかし、採用されているCore i7はCPUにグラフィック非搭載なので、
ATIのチップ(GPU)がマザーボードに直付けされています。

それが、上の画像中央のチップ。

一枚目の画像のように、CPUクーラーと一体のヒートシンクでGPUも
冷却されていて、他のモデルよりも大きな物となっています。

Core i7は他のモデルと違って、消費電力(W)が大きいのでその分
発熱をするわけです。

使ってみて気になったのは、その冷却ファンの音。
CPUが76度あたり、GPUは80度あたりからファンが全開で回り始めます。

GPUに負荷をかけた状態でテストをするとなんと、GPUは90度を超える事も・・・。

P3042578.jpg P3042579.jpg

まずは、CPUグリスを塗り替えてみる事にしました。
二つ並べてありますが、使用したのは左側のMX-4。
量が多く、性能も良しです。

P3042580.jpg

そして、GPU側はシリコン製の放熱シートを使います。
純正がどれくらいの性能のものなのかがわからなかったので、
とりあえず手持ちのものを使用しました。

しかし・・・・

組んで負荷をかけてみると・・・なんとGPU温度が100度を越えることに・・・。
最初の状態より悪くなってしまいました。

で、熱伝導率の高い銅板を使ってみる事にしました。

P3042583.jpg

しかし、手元に適当な銅板が無く、約15mm四方の為に大きな銅板を
買ってくるのもバカバカしかったので、いろいろ考えた結果、
エアコンのダクトに使われている銅パイプが廃材の中にあったので
それを切り出して、ハンマーで叩いて平らにして、金切りバサミで
カットして表面を整えて出来上がり!!

P4132703.jpg P4132698.jpg

この銅板を放熱板とGPUとの隙間にグリス介して挟み込むわけです。

P4132707.jpg

ちょっとグリスが多目になってしまいましたが、こんな感じです。

仮組みしてチェックすると負荷をかけても、GPUの温度はMAX80度ちょっと
かなり下がっているのが判ります!!
成功!!

とりあえず組み上げて、数日間は快適に使用していたのですが
頼まれ仕事の動画のエンコードをしていると、突然シャットダウン!

思い当たるところをすべてチェックしても、エンコードをすると
シャットダウン!!

CPUを交換してみたり、システム設定を変えてみたりしても
改善されないため、いろいろ悩んでいたのですが、
CPUクーラーを外したときにグリスの付き具合に斑があったので
銅板の高さに問題があるのかと思い、銅板から以前の放熱シートに
戻してチェックをすると、直ぐにファンが全開になり五月蝿いのですが、
シャットダウンはせずにエンコードは完了!?

銅板が少し厚かったため、CPU側の密着不良で、熱暴走を
してしまったようです。

銅板を紙やすりを使ってひたすら磨き、仮組みをしてチェック。

以前シャットダウンしたのと同様のエンコードをしてみると
シャットダウンせずに無事に完了!!
ファンは全開で回るのですが、回っている時間は短く、直ぐに
温度が下がっているのが判ります。

動画を再生しても以前は、ファンが全開で回り続けていて、音も大きく
かなり気になったのですが、改善後は、ファンが全開になる頻度も低く
なっても、短時間で収まるので以前ほど気にならなくなりました。


P4212746.jpg

小さな銅板を薄く削るときに人差し指の先も削ってしまい、指紋まで薄くなりました・・・。
痛いというほどではないですが、ヒリヒリしています。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: HP ProBook 6550b
 コメントありがとうございます。
 参考になったようで、私としても嬉しいです。
 放熱シートに関してですが、放熱シートよりもやはりシリコングリスのほうが
 熱伝導値は良いので、CPU側はグリスにされることをお勧めします。
 そうすれば、放熱シートの厚さにもよりますがGPU側は放熱シート1枚でよくなり、結果GPUの温度も
 下がると思われます。
 温度が上がるとファンが高速で回転するため、五月蝿くないですか?
 ファンが高速で回るとついつい心配になってしまいます。
 これから暑い季節になるので、まだ私も様子見中といったところです。
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
やはりまた暴走してしまったんですね。
CPUをグリスに変えれば恐らく安定しそうな雰囲気ですね。
ただ、厚さが0.5mmというのがちょっと気になりました。
CPUをグリスに変えたとしてもGPU側は1mmほどのスペースが
開くような気がします。
こればかりは私も測っていないのでわかりませんので
ぜひいろいろ試されてください。

私もその結果が知りたいので、結果を教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
No title
どうやってgpuの温度を調べているのですか?
Re: No title
>guga様
 OCCT というツールを使っています。↓
 http://www.ocbase.com/index.php/download
 設定変更で日本語にも出来るので便利です。
 一応フリーソフトです。

 CoreTempなども使ったんですが、CPUは表示されますがGPUの温度は表示されません。
 これは推測ですが、6550bのATIのチップに温度センサーが内蔵されていない
 ということなのかもしれません。
 ただ、温度が上がるとセーフティーのため電源を落とす構造になっていると考えると
 別の所で温度管理が行われていると判断しました。
 OCCTでは、マザーボード上のCPU以外の温度も表示されます。
 グラフィックのテストを行うと左上に表示されるセンサーの温度がそれに該当すると判断しました。
 今手元に6550bが無いのでセンサー名は忘れましたが、確かEXZのような表記だったと思います。
 設定画面でそのセンサーにチェックを入れるとモニター画面に表示されるようになります。
 動画を全画面で再生すると温度上昇し、エンコードなどをさせたときには温度上昇しないので
 まず間違いないと思います。 
 
6550bについて
はじめまして 6550bにて調べているうちにこちらへたどり着きました。オークションにて購入した6550bが、届いてみたらパームレストのスレや汚れに愕然としました。そこで、パームレストを外して塗装してみようと思うのですが、外し方が分かりません。どうか一つ教えて頂きたく、宜しくお願い申し上げます。
Re: 6550bについて
>けんじのとーちゃんさん

はじめまして
6550bはパームレストのシルバーの部分がだんだん薄くなって黒くなり汚くなるんですよね。
いま手元に6550bが無いので確認できませんが、裏返して数本トルクスタイプのネジを
外します。
ゴム足を外すとその下にも隠れていますので丁寧に外してください。
確か4~5本外せば大丈夫だったと思います。
後はコーナーのあたりから持ち上げて剥すだけです。キーボードと反対側底辺部分から爪を
外していけば外せます。プラスティックのカードなどを差し込んでパチパチ外しても良いと思います。
パームレストを外すときはタッチパッドの配線に気を付けてください。
指紋認証がついている場合もジャンパーを基盤から外す必要があります。

塗装で仕上げるのが大変だったので、私はカッティングシートを貼り付けることにしました。
ディスプレイも含めてすべてを分解して外装内装統一すれば格好良くなるでしょうね。

わからなければまた連絡をください。
職場に6550bがあるので調べておきます。

管理者のみに表示

トラックバック

« 郵便受けの塗装  | HOME |  ちょっとしたレザークラフト »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。