日々のことをあれこれと・・・

バモスからバモスへ

2015.07.14 (Tue)
DSCN12150.jpg

かれこれ10年乗ったバモスをこの度廃車にしました。
まだ山形にいる頃に3年おちで購入。
そのとき既に12万キロ走行のボロボロ車。

以前のオーナーが仕事で使っていたようで、建築関係の人だったのか
外装・内装共に傷だらけ、車内には塗料なども付着していました。

届いてわかったのが、ミッションが駄目、エンジンがガスケットが飛んで駄目ということ。
個人売買で販売業者に半ばだまされた車で、
購入後、10万単位で修理費が飛んでいった車でした。

ただ、最初の一年でお金がかかった以外は大きな故障は無く、快調に
乗っていたんですが、ここ数週間でリア回りから音がし始め、点検で
持ち込んだ車屋さんからはデフじゃないかな・・・と言われ、ミッション交換も含め
この夏が車検で、そろそろ2度目のタイミングベルト交換もある・・・なんて
考えているうちに、“買い替え”という事を考えるようになりました。

懲りずにまたネットで探して購入(笑)
次もバモスにしました。
しかも今度は平成12年式!!(以前は13年式)さらに一年古くなりました。
しかし走行距離10万キロ、オートマのターボです。
人生は初(?)のオートマ車になります。。
バモスは人気車なので状態が良いものは値段が下がらないんです。

使えるパーツはそのまま移植できるので、以前のバモスから部品を外し
ホイルを外し・・・など・・・・していると・・・

リアのホイルナットが緩んでいた事が発覚!?

故障だと思っていたリア回りの音の原因はこれでした・・・。

山形にいるときは夏と冬でタイヤを交換していたので、チェックするまでも無かったのですが、
冬タイヤに換える必要が無い福岡では、車検以外でホイルを外す事がありません。
前回の車検の際にホイルナットの増し締めが行われていなかったのかもしれませんが、
こればかりは・・・いまさら気づいてももう遅いので笑って諦める事にしました。

で、今回購入したバモスがこれ!!

DSCN12740.jpg

白からシルバーになりました。
純正オプションのエアロも装着されています。
以前と色だけ変わってほとんど外観は変わりません。。

外装・内装共にきれい。
バンパーを外してみた所、2013年と書かれていて、部分的にステーが新品交換されて
いたので、事故暦として書類に残らない程度の軽い補修はされているようです。

乗った感想としては・・・・足回りが生きていてヘタリが少ない。
エンジン音が車内車外共に静か。ターボだけあって悪くない加速。

ただ・・・・オートマのショックが大きい。オートマってこんなにロスが大きいの??
変速が下手でギアの選択に違和感。ターボの効きってこの程度??
バモスの持病である雨漏りは修理しました!!って言われたはずなのに
どうも治まってない様子・・・・などなど幾つか課題が見えてきました。
恐らくまだまだいろいろトラブルの種となるものがある気配はあるので
今後、いろいろ改善、修理をしていこうと思います。

ブログのネタが増えたと思って前向きにやっていきます!!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« バモスのエアコンの高効率化②  | HOME |  箪笥の鍵の自作 »